2018年8月3日

 「無選択変更制度」は、保険期間が満了あるいは解約した場合であっても、一定の条件を満たせば、診査および告知書の提出を行わず他の保険へ加入できる制度です。
 変更後契約の契約日が2018年8月2日の契約から、本制度の取扱を下記のとおり変更しましたので、ご案内いたします。なお、変更後の制度の概要は、添付ファイルをご覧ください。
 
1.変更内容
(1)変更可能時期の追加
変更前は、保険期間が満了するか解約した場合でなければ無選択変更ができませんでしたが、変更後は保険金額を減額した場合にも、減額部分を対象とした無選択変更が可能となります。
 
(2)対象商品の追加
2018年8月2日から販売を開始した、無解約返戻金型収入保障保険Ⅱ(FWD収入保障)を無選択変更の対象商品とします。
 
(3)変更後の対象契約の追加
変更前は一部に制限がありましたが、変更後は無選択変更が可能なご契約はすべて、定期保険に無選択変更できるようになります。
 
2.普通保険約款の改定
添付ファイルのとおり、普通保険約款を改正いたしましたので、対象となるご契約者はご確認ください。
 
以上