FWD富士生命

CROSSTALK #02

新卒への期待

日本企業としての歴史と、外資系企業のカルチャーが融合するFWD富士生命保険。ここには、保険会社から連想されるイメージとは少し違うムードがあり、多彩なメンバーが集まっています。投資部門、人事部門、内務全般を担う3名のトップマネジメントが、当社の風土や価値観から、これから入社するあなたへの期待を語りました。
金田 龍二

金田 龍二

CTOO
(Chief Technology and Operations Officer)

外資系の生命保険会社から転職し、FWD富士生命保険では内務全般を担当。ITと業務オペレーションなどのバックグラウンド業務に携わる。25年超にわたる保険業界でのキャリアの中で、様々な分野で技術の進化を体感してきた。休日にゴルフへ行き、一杯飲むのが最高の楽しみ。

渡辺 俊生

渡辺 俊生

CIO
(Chief Investment Officer)

FWD富士生命保険の総資産7000億円の投資を担当。最初に入社した生命保険会社では、営業職を5年間経験。それ以降は、25年超にわたり投資に携わる。転職は当社への1度だけだが、統合などで10度の社名変更を経験。週末は、葉山でヨットを楽しみ、レースに出場するほどの腕前の持ち主。

古川 明日香

古川 明日香

CHRO
(Chief Human Resource Officer)

人事全般・組織開発を担当。大学卒業後に入社した欧米系の銀行では、途上国向けの融資に携わる。その後、人事に興味を持ち、人事組織のコンサルティングファームへ転職。2013年、AIG富士生命に入社。週末はランニングで汗を流す。子どもの頃に習っていたピアノに再挑戦し、5年前からレッスンに励んでいる。

「人と違う」ことに
意味があるFWD。
入るなら、
今がいちばん面白い。

上司にだって
「それ、違いますよ」と言って欲しい。
失敗をおそれず、
どんどん議論をしよう。

念願の新卒採用だから、
寄ってたかって大事にしたい。
働きやすさも海外への挑戦も、
みんなで後押しする。

crosstalk02
Top