お電話でのお問い合わせ
0120-533-255
通話料無料・受付時間 9:00 - 20:00(年末年始を除く)
電話相談 通話無料

初めて悪性腫瘍と診断確定されたら最高300万円一括でお受け取りいただけます 新がんベスト・ゴールドα

まとまった給付金を受け取れる一時金給付タイプのがん保険です

3つの特長

特長1

初めて悪性新生物と診断確定された場合
最高300万円
の一時金をお受け取りいただけます。

シンプルでわかりやすいわね!
詳しくみる

まとまったお金だから、
さまざまな用途に

もしものとき、あなたに必要となる、
さまざまな治療方法に備えられます。

初めて悪性新生物と診断確定された時点で給付金が一括で支払われる「新がんベスト・ゴールドα」なら、支払事由に該当する限り、一時金が何回でも支払われます(2年に1回を限度)ので、その後の入院・通院はもちろん、あなたが受けることになる、さまざまな治療方法に備えられますので安心です。また、一時金は治療方法にかかわらず受け取れますので、医療技術の進歩にともなう、将来の治療環境の変化にも末永く対応できます。

  • 入院
  • 手術
  • 抗がん剤治療
  • 通院
  • 放射線治療
  • ホルモン療法

その他、治療中に着用するウィッグ、交通費、お見舞いに来られるご家族の宿泊代等にもご利用いただけます。

収入が減少した場合の
カバーにも役立ちます。

東京都福祉保健局の調査によると、がん患者の半数以上が、がん罹患により「収入が減った」と答えています。「新がんベスト・ゴールドα」なら、初めて悪性新生物と診断確定されたときに使い道の自由なまとまった金額を受け取れますので、「生活費」「住宅ローン」「教育費」等の補填にもお使いいただけます。

がん罹患による収入の影響

出典:東京都福祉保健局「がん患者の就労等に関する実態調査」(平成26年5月)

特長2

2年に1回、何回でも

再発・転移での通院治療もカバー!
一時金(悪性新生物診断給付金)は
回数無制限
お支払い!

一時金をお受け取りになった後、「再発」「転移」のため、入院をせずに「通院」で治療する場合でも、支払事由に該当する限り、この一時金は何回でも受け取れます(2年に1回を限度)

術後3年以内の再発率

※再発率は術式(どのような手術、処置をしたか)等により大きく異なります。 出典:新日本保険新聞社「2016年12月版 こんなにかかる医療費」

特長3

初めて悪性新生物と診断確定されたら、
保険料の払込みを免除!
以後の保険料は
いただきません。

がん治療が長期化すると、収入が減ることも。保険料が負担にならないよう、初めて悪性新生物と診断確定されたら、以後の保険料はいただきません。

免除になっても保障は一生涯続きます。

保障内容

主契約悪性新生物
診断給付金

このような場合にお支払いします

初回の支払
初めて悪性新生物
診断確定されたとき
2回目以降の支払
前回の支払事由該当日から
2年経過後に、
診断確定された
悪性新生物の治療を直接の
目的とした入院
をしたとき
(入院を継続しているときを含む)、
または通院をしたとき

支払限度

回数無制限
(2年に1回)

支払額

いずれかお選びください

  • 300万円
  • 200万円
  • 100万円
  • 50万円
  • 10万円

※郵送によるお申し込みの場合は、10万円はお選びいただけません。
300万円、200万円、100万円、50万円からお選びください。

保険料例

保険料例

一時金
(悪性新生物診断給付金)
300万円の場合

契約年齢:30歳
性別:女性
保険期間:終身
保険料払込期間:終身

月払保険料は
3,549

(口座振替扱・クレジットカード払扱)

保険料例

一時金
(悪性新生物診断給付金)
50万円の場合

契約年齢:35歳
性別:男性
保険期間:終身
保険料払込期間:終身

月払保険料は
1,173

(口座振替扱・クレジットカード払扱)



※インターネットでのお申し込みはクレジットカード払扱のみとなります。

さらにがんと闘うための
安心をご用意!

基本保障に上乗せ保障を
追加いただけます。

2年に1回、何回でも

上皮内新生物もしっかり保障

上皮内新生物診断給付金特約(2017)
を付加する場合

上皮内新生物でも診断確定時に一時金をお受け取り。支払事由に該当する限り、2年に1回を限度に何回でも保障。

技術料と同額+
その10%相当額

先進医療にかかる技術料を
通算2,000万円(*1)
まで保障(がん先進医療給付金)

がん先進医療特約(2017)
を付加する場合

患者の肉体的負担が少ないと言われている「重粒子線治療」等がん治療を目的とした先進医療にかかる技術料を保障。

(*1) 技術料の10%相当額をお支払いする「がん先進医療一時金」は、この通算に含まず、がん先進医療給付金に上乗せしてお支払いします。

(*1) 技術料の10%相当額をお支払いする「がん先進医療一時金」は、この通算に含まず、がん先進医療給付金に上乗せしてお支払いします。

特定の治療への備えに

抗がん剤治療や
放射線治療等の上乗せ保障

がん治療給付金特約(2017)、
女性がんケア特約(2017)を
付加する場合

抗がん剤治療、放射線治療、女性特有のがん手術治療、乳房再建等、治療方法に応じて、保障を上乗せする特約も。

上乗せ保障一覧詳しく見る

この保険は、保険期間の始期から
91日目に保障を開始します。

※この商品は、保険期間の始期から91日目に保障を開始します。
※このページでご案内している保険商品に関する内容は2019年7月2日現在で適用されているものです。
※このページでは、保険商品の概要をご案内しています。保険商品の詳細については、「パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款(郵送でお申し込みの場合は「ご契約のしおり(抜粋)」)」でご確認ください。
※通信販売では、お客様が選択しやすいようにプラン(保険(給付)金額・特約の有無等)を限定しております。

がんについて

日本人の死因第1位(*5)である
“がん”について

がんは”共に生きる”時代に

医療技術の進歩等によって、5年生存率は向上しています。 だからこそ、最適な治療方法を選び、がんと向き合っていくための備えが大切です。

全国がん罹患モニタリング集計 2006-2008年生 存率報告(国立研究開発法人国立がん研究センター がん対策情報センター, 2016)独立行政法人国立 がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精 度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書より作成



がんは通院で治療するケースが
増えています

※ここでいう「受療率」とは、人口10万人に対する推計患者数(調査日に全国の医療施設で受療した患者の推計数)のことをいいます。
出典:厚生労働省「平成29年 患者調査」



治療は長期化する傾向に

がん経験者の約60%は2年以上の治療を経験しています。
部位別では乳がん経験者の約80%が2年以上の治療を経験しています。

実査委託先:楽天リサーチ株式会社(がん経験者へのアンケート結果、2016年9月調査、n=453)



がん治療と仕事について

がんの治療が長期化した場合、これまでどおり働けなくなることが考えられます。実際に、がんに罹患した約5人に1人が休職や依願退職・解雇等による離職となっています。また、再就職できた方であっても再就職の前後で賃金を比べると、約60%の人が前職賃金よりも下がったと回答しています。

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「病気の治療と仕事の両立に関する実態調査(WEB患者調査)」(2018年7月)より作成



あなたにぴったりの保障を選ぶためにがん治療のギモンにお答えします!

上皮内新生物とは?

上皮内新生物は、腫瘍細胞が上皮内にとどまっており、「浸潤(しんじゅん)」していないことが悪性新生物との大きな違いです。

先進医療ってどのくらい費用がかかるの?

保険診療が適用されない先進医療。技術料全額が自己負担となりますが、治療費の心配等せず幅広く治療方法を選択できるように備えたい方には、がん先進医療特約(2017)の付加をおすすめします。

がんの治療実態は?

治療開始から2年を経過する頃には入院せずに通院のみで治療を受けるケースが増加する傾向にあります。
放射線治療や抗がん剤治療の中には、通院治療のみで受ける治療もあり、通院治療中の治療費にもしっかりとした備えが必要となります。

治療費例

がんの治療費には、
想像するより多くの費用がかかることもあります。

乳がんの治療

Aさん(罹患時42歳・女性・会社員)の場合

会社の人間ドックをきっかけに乳がんと診断。
リンパ節・肝臓への転移に対する治療も行う。〈治療期間〉約5年間

がんと診断確定

会社の人間ドックをきっかけに乳がん(右乳房)ⅡB期と診断。
精密検査の結果、リンパ節への転移も確認。

検査費 約 33,000

通院治療入院治療(抗がん剤・外科手術)

3か月間、抗がん剤で術前治療を受けた後、14日間入院。
外科手術でがん部位(乳房・リンパ節)を切除。
同時に乳房の再建手術(一次再建)を受ける。

治療費 約 303,000
差額ベッド代 約 280,000
入院時の雑費 約 40,000

再発予防(抗がん剤・ホルモン剤)

退院後、再発防止のため抗がん剤投与・ホルモン剤投与を開始。
副作用緩和のため、医療用ウィッグ・漢方薬等を購入。

治療費 約 458,000
副作用緩和 約 100,000

再建手術(自由診療)

自由診療(*5)で乳房再建術(人工物(インプラント))を行う。

自由診療 約 1,000,000

1~2
年目

通院治療(抗がん剤・ホルモン剤)

定期検査で肝臓への転移が発見される。
抗がん剤(分子標的薬)による治療とホルモン剤治療を並行実施。
また、副作用によるリンパ浮腫治療を実施。

治療費 約 841,000
副作用緩和 約 150,000

3~4
年目

定期検査再発予防(抗がん剤)

再発予防のため、抗がん剤投与と並行して定期検査を実施。
また、がんについて改めて書籍等で独学を始める。

検査費 約 200,000
交通費、他 約 130,000

5
年目~

治療等にかかったお金

罹患後の約5年間にかかった医療費等
支出合計 約 353.5万円

収入減

治療3年目、肝臓への転移が発見され、仕事を退職。
パート勤務しているが収入ダウン。

罹患前
年収600万円

罹患後
年収90万円

(*5)2013年7月以降、認定を受けた医療機関で行う、薬事承認をされたエキスパンダーおよびインプラントによる乳房再建術は、保険適用となっています。
※上記の医療費等の費用はすべて高額療養費制度適用後の自己負担額となります。
監修:株式会社セールス手帖社保険FPS研究所

商品付帯サービス

FWD富士生命健康サービス

治療や健康をトータルにサポートします。

がんトータルサポートサービス

がん治療相談サービス

※被保険者さまと同居のご家族もご利用できますが、相談内容は被保険者さまに関する相談に限ります。

経験豊かな専門スタッフが、
がんに関するご質問にお応えします。

  • 経験豊かな医師・保健師・看護師等、がんに関する専門性の高い医療スタッフが対応いたします。
  • お電話でお気軽にご相談いただけます。
  • ● 専門用語やがんの症状について等、がんの治療に関する小さな疑問からご質問にお応えします。
同居のご家族の方 医師等


こんなお悩みもサポートします

粒子線治療相談サービス

医師に陽子線治療をすすめられたけど、高額な治療だし、どんな治療かわからない…。

粒子線治療を専門とする総合相談医が、ご自身のがんについての粒子線治療に関するご質問・ご相談をお受けします。

がんPET検診サポートサービス

先日の健康診断で気になる指摘を受けた…。もしかして、がん?!

早期がん発見のための検査方法であるがんPET検診受診のためのトータルサポートを実施します。

がんこころのサポートサービス

※被保険者さまと同居のご家族もご利用できますが、相談内容は被保険者さまに関する相談に限ります。

がんと診断されてから、今後のことを考えると不安でなかなか眠れない…。

がんと診断されたことによるショックや不安を心理カウンセラーにご相談いただけるサービスです。

ベストホスピタルネットワーク
サービス

面談・電話によるセカンドオピニオン/受診手配・紹介サービス

ご相談に応じて、セカンドオピニオンや受診手配の紹介サービスを提供いたします。

健康医療相談サービス

経験豊かな医師・保健師・看護師等の資格をもつティーペックの相談スタッフが、24時間・年中無休でお電話にてご相談をお受けします。

こころのサポートサービス

精神的な悩みやこころの問題について、
電話や面談によるカウンセリングを受けられるサービスです。

糖尿病トータルサポートサービス

地域糖尿病療養指導士等、専門の保健師・看護師に、糖尿病についてご相談いただけます。
必要に応じて、優秀糖尿病臨床医の紹介、または糖尿病専門医のいる医療機関を案内いたします。

Findme F(ファインドミーエフ)

適切な治療方法を知るための
“ネット型”セカンドオピニオンサービス




※FWD富士生命健康サービスはFWD富士生命保険(株)の業務委託先であるティーペック(株)が提供いたします。ご利用に際しては諸条件がございます。ご利用方法等、詳細につきましては、ご契約後に送付いたします資料をご確認ください。
※Findme FはFWD富士生命保険(株)の業務委託先であるリーズンホワイ(株)が提供いたします。ご利用に際しては諸条件がございます。ご利用方法等、詳細につきましては、ご契約後に送付いたします資料をご確認ください。
※FWD富士生命健康サービス、Findme Fをご利用いただくときにかかる診療情報提供書の発行や交通費等の経費、および紹介された医療機関での診察にかかる費用は自己負担となります。
※FWD富士生命健康サービス、Findme Fのご利用は保険期間満了までとなります。
※本内容は2019年7月2日時点でご提供しているサービス内容に基づき掲載しています。




FWD-C2995-1911

お電話でのお問い合わせ
0120-533-255
通話料無料・受付時間 9:00 - 20:00
(年末年始を除く)
電話相談 通話無料