FWDグループについて

FWDグループについて

FWDは、パシフィック・センチュリー・グループの保険事業部門として、
2013年にアジアで設立されました。

設立以来、アジアで急成⻑を遂げ、各マーケットにおいて
革新的なサービスを提供する保険会社として地位を確立しています。

FWDグループは、香港・マカオ、タイ、インドネシア、フィリピン、
シンガポール、ベトナム、日本において、
生命保険、医療保険、損害保険、および従業員の福利厚生関連保険を
提供しています。

最先端のテクノロジーを活用したわかりやすい商品の開発と、
お客様目線でのアプローチを通じて、これまでにない顧客体験を実現し、
アジア全域をリードする保険会社となることを目指しています。

各国のウェブサイトを見る
FWDグループ(香港・マカオ、タイ、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、日本)

株主について

パシフィック・センチュリー・グループ(PCG)は1993年に設立され、
「金融サービス」、「通信・メディア・テクノロジー」、「不動産開発」の3つを基幹事業として、
アジア各国でビジネスを展開しています。

PCGのグループ企業には、総合通信企業であるPCCW、通信サービスプロバイダのHKT、
資産運用事業を展開するPineBridge Investments、
不動産・インフラ開発企業であるPacific Century Premium Developmentsがあります。

また、世界を代表する再保険会社のスイス再保険もFWDの株主です。